コンテナとは?

ホーム > コンテナとは? > コンテナの種類

コンテナの種類

種類としては、一般雑貨用コンテナの「ドライコンテナ」が一般的ですが、冷凍・冷蔵用を装置を備えた「リーファーコンテナ」や、天板の取り外しができる「オープントップコンテナ」などの特殊コンテナもあり、多様な貨物に対応されています。また、丈夫に作られているので、中古コンテナの利用も盛んです。

トランスワールドで取り扱う主なコンテナの種類

ドライコンテナ(一般雑貨用コンテナ)

ドライコンテナ(一般雑貨用コンテナ)
利用用途

輸出用梱包用・国内倉庫、改造して事務所・店舗などにご利用いただけます。



リーファーコンテナ(冷凍・冷蔵用コンテナ)

リーファーコンテナ(冷凍・冷蔵用コンテナ)
利用用途

温度設定が必要な物の保管庫等としてご利用いただけます。



改造コンテナ

改造コンテナ
利用用途

事務所・店舗など、用途に応じてご利用いただけます。「特殊コンテナ」などがございます。
※改造コンテナは注文生産となります。



レンタルBOX用コンテナ

レンタルBOX用コンテナ
利用用途

一時的にコンテナが必要なレンタル用です。こちらは注文生産のみとなっています。



特殊コンテナ

特殊コンテナ
利用用途

事務所・店舗など、用途に応じてご利用いただけます。



このページの先頭へ