コンテナとは?

ホーム > コンテナとは? > コンテナの特徴

コンテナの特徴

コンテナの特徴を3つに分類して詳しくご紹介します。

とにかく丈夫

とにかく丈夫

海上、陸上での輸送用につくられたコンテナは、衝撃や振動に耐えられるよう厳密な国際規格に従って製造されています。 海上輸送に使われている海上コンテナは、海上での塩害に耐えられるように特殊な防錆加工がされており、気密性にも優れているので風雨からコンテナ内部を守ります。 耐候性鋼板を使用していますので、強度はもちろんのこと、発錆が少なく耐久性に優れています。



加工が可能

加工が可能

コンテナ同士を連結して大きくしたり、切ってサイズを小さくしたりなど、加工・改造が自由にできるのも魅力です。「あまりすすめられない」土地の有効活用にも利用できます。また、壁に穴を開けることも出来るので、窓やシャッター、ドアや換気扇を取付けるといった加工も可能です。 分解せずに簡単に設置・移動ができ、歪が少ないのもコンテナが利用しやすい理由といえます。



コストパフォーマンスがよい

コストパフォーマンスがよい

強度、加工のしやすさを考えると、プレハブ建築やレンタル倉庫より、低コストを実現できます。



このページの先頭へ